自律神経って?

こんにちは!

DR.CURE戸越院の西原です。

 

当院では体の痛みや歪みを気にしてご来院される方が多いのですが、ただ痛みを改善したり、歪みを改善したりする以外でも実はそれ以外にもお身体に関する様々なお悩みを抱えている方が多いです^^;

ご来院のきっかけが痛みや歪みであっても実際にお話を聞いていると日常生活で気になっていることが違うケースが多いので今回はその中でも自律神経について少しお話ししていきます!

頭痛、肩こり1

おそらく、自律神経失調症という言葉を耳にしたことがある方が多いと思いますが自律神経失調症は、医学的に正式な疾患名ではありません。
このため統一された定義や判断基準が存在せず、医師によっても見解や治療方針が異なるのが現状です。

実際の診療の場面では、症状があるのに診察や検査では体に異常が見られない場合などに暫定的に「自律神経失調症」との診断名がつくことがあります。

厚生労働省より引用させて頂くと、

自律神経は、交感神経と副交感神経という逆の働きをする2つに分かれています。

交感神経は身体を活発に動かす時に働き、副交感神経は身体を休める時に働きます。

これらがお互いにバランスを取りながら身体の状態を調整していますが、このバランスが崩れることがあり、その原因として、不規則な生活によって自律神経が興奮し続けたり、ストレスによる刺激、更年期におけるホルモンの乱れ(更年期障害)、先天的な要因などが挙げられます。

全身症状としては、だるい、眠れない、疲れが取れないなど、器官的な症状として、頭痛、動悸や息切れ、めまい、のぼせ、立ちくらみ、下痢や便秘、冷えなど多岐にわたります。

精神症状として、情緒不安定、イライラや不安感、うつなどの症状が現れることがあります。
治療法として、ホンモン剤などによる対処療法や睡眠の周期を整える行動療法などがありますが、ストレスのコントロールと生活習慣の改善(規則的な睡眠と食事)が最も大切なことです。
と、引用させて頂きましたが、薬では根本的な解決までは、出来にくいのが現状で、日々の生活習慣として、食事や睡眠、ストレス発散から変えていく事が大切ですね!

 

お問い合わせはお電話または公式ライン(@774xrnld)にてお問い合わせいただけると先の予約やご希望の日程でのキャンセル待ち対応ができますのでお気軽にお問い合わせください。

#整体#姿勢改善#ストレートネック#骨盤矯正#肩甲骨はがし#戸越#戸越公園#中延#西大井#品川区#駅近#自律神経

関連記事

  1. 睡眠のコントロール方法ついに公開です!

  2. 11/22〜予約空き状況

  3. お客様からのお声

  4. 系列院紹介

  5. 四十肩・五十肩についてのお話しその2

  6. どちらの方が快適に過ごせますか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP